« 陰ヨガとは | メイン | 隣の家の声 »

ダライラマ法王

最近はダライラマ法王の来日がありませんね、ここ数年来ていらっしゃらない。
なにか意味があるのか?
ダライラマ法王もお年ですのでね、その関係もあるのかも。

私はインドのダライラマ法王が住んでいる街に滞在してたこともあって、
ダライラマが大好きです。
チベットのラサよりもチベットっぽいところでした。

彼に関する映画も好きです。

映画「クンドゥン」なんか数えられないくらい何度も見ています。
あのなかに出てくるレティングがまた興味深い。映画のなかではなかなかの色男です。
すごい時代に生きてこられたあのあたりの人達はもう亡くなられていますけど、
今もチベット問題は解決していないし、中国は絶対に曲げないでしょうねー。
パンダも本当はチベットの動物なんですよ。許せませんね。

もしダライラマ法王に会いたない、ってなったら、日本に来るのをまってるよりも
インドの亡命地区に行かれた方が早いと思います。
いつそこにいるのか、などは明かされてませんけど、しばらく滞在してると分かるようになるみたいです。
その土地の人にも分からないんだそうですが、警備がきつくなったりして
なんとなく分かるようです。
それでも間違えることもあるみたいですが、、笑

私はチベットを応援しています、誰からなにをいわれようとも。
なのでダライラマには頑張ってほしいし、今後もどうかチベット開放に向けて頑張っていただきたいのです。
だって中国はめちゃくちゃなことを言ってるし、チベット人に対してすごいことをしてきたんです!
皆でダライラマを応援しよう!!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.age-usa.org/mt3/mt-tb.cgi/62

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2018年10月01日 16:11に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「陰ヨガとは」です。

次の投稿は「隣の家の声」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38