« 孤独なさいご | メイン | ダライラマ法王 »

陰ヨガとは

ヨガにもいろいろな種類がありまして、そのなかでも陰ヨガというのは
簡単そうに見えてそうではない、というもの。

この記事を書くための私の動機は、陰ヨガを試していない人、
またはそのメリットをまだ確信していない人を、それを試してみることです!
を、、言いたいからです。
あなたが陰ヨガを実践した後に気づく気持ちはすごいはずです!

ヨガでは陰と陽の道教の概念に基づいていて、
その反対の原則と相補的な原則があります。

陰は物事の安定した、動かない、隠された側面です。
陽は変化し、動いている、明らかな側面です。

体内では、比較的硬い結合組織は陰であり、より可動性で柔軟な筋肉と血液は陽性であるといえます。

陰ヨガのクラスは通常、身体の下部、主に腰、骨盤、内腿、脊椎の下部に働く一連の長く保つ床ポーズで構成されています。
これらの領域は、特に結合組織が豊富で
ポーズは最大5分間、時にはもっと長くキープされます。

長く同じ態勢をとるのが陰ヨガ、って思ってもらってもいいですね。
これが簡単そうで簡単ではないんです。
是非試してみてください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.age-usa.org/mt3/mt-tb.cgi/61

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2018年09月01日 22:06に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「孤独なさいご」です。

次の投稿は「ダライラマ法王」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38